目上の人たちはお年玉をあげます(目玉おやじ)(目玉を食う)

正月の初一の風習は爆竹を鳴らし、餃子を煮て、ドアを開けて近所の人を迎えることです。親戚や友人がドアを開けているのを見ると、この家族が起きていることを証明して、新年の挨拶を待っています。家に入ってまず新年を祝うと言って、両手で拝んで、子供たちはこの日を一番楽しみにしています。目上の人たちはお年玉をあげます。ポケットに入れたままでは親にいろいろな理由で帰られますが、一番楽しみです。 正月2日 正月の2日に実家に帰り、実家に入ると年始回りをし、嫁に行く娘は夫を連れて実家に帰った。夫はお年玉をいくつか用意して、実家の子供たちに配って、お昼に義父さんと一緒にお酒を飲んでお祝いをします。 正月3日 大晦日の中学3年生は、親戚同士で新年の挨拶をし、中学1年生で参拝したことのない遠い親戚の中には、車で新年の挨拶に行く必要があります。昼に酒を飲んで夜には早く帰って、ネズミが結婚して、早く出て早く帰って、六畜は無害です。 正月初四 お正月の4日、かまど王は家に帰って、爆竹を鳴らしてかまど王爺を迎えて、まだ誰かが供え机を出て、線香を焚いて祭って、かまど神が家に帰って太平安康を守り続けることを望んでいます。 正月5日 大年の初五、破五、朝は爆竹を鳴らして餃子を食べ、破五の餃子はとても重要で、一般的に破五の家族は集まって財神を迎えるので、重要なことはなく家族は朝昼晩三食の餃子を食べなければならない。 正月初六 大晦日の6日、貧乏神を送るには、一般的には家にボロ布などを投げて貧乏神が早く行くようにしなければならない。ボロ布を投げるという意味は、私の家は貧乏で、貧乏神が来ても留まるなという意味で、各地の習慣は違うが、寓意は一致している。 正月初七日 正月の初七、休養、この祭りは一般的に各地で各地の風習が始まり、一般的な祭りでは太鼓やヤンコ踊りなど様々な行列が街に出てパフォーマンスを始めた。これまでも国の法定祝日が終わる日であり、また出勤することになった。 北方各地の民俗にはそれぞれ違いがありますが、その中の数日は基本的に固定されています。例えば、守歳掃屋に春聯包餃子元宵節を貼るなど、私のいる北方三線都市の初一は墓参りに行く必要があり、朝餃子を食べ終わった老人は家に残って新年の挨拶をし、若い世代は墓参りに行く必要があります。 また、初一の朝には夜明けごろにかまどの神を迎え、小さなテーブルを並べ、香炉を置き、3本の線香を焚き、東西南北4方向からかまどの神を迎えるためにひざまずいているところもあるので、北方各地の春節の風習は面白い。 北方三線小城滄州は毎年正月十六も祝日で、散歩百病と呼ばれ、毎年正月十六になると、家族は晩ご飯を食べ終わったら街をぶらぶらしなければならない。ポケットにはいくつかの鋼の塊が用意されていて、道路に投げられている。今では1円玉になっているので、1時間に数十元拾えることもあります。

目上の人たちはお年玉をあげます(目玉おやじ)(目玉を食う) 热门话题


发表评论

Copyright 2002-2022 by 惠农苗木网(琼ICP备2022001899号-3).All Rights Reserved.